2008年05月06日

植物園

観光地としての植物園


観光地や人気スポットになっている庭園や植物園は、日本にはたくさんあります。自然や植物に触れて心がやすらぐのは人の常。それでは、植物園について見てみましょう。


植物園とは、植物を収集・栽培し、教育などのために一般に公開する施設。


現在日本には、全国各地に300以上の植物園があります。それぞれの植物園は、広さ、見どころ、コレクションとする植物の種類、活動内容に至るまで、実にさまざま。四季折々特徴ある植物などが見られる植物園の中には、観光地や憩いの場として人気のあるところもあります。


それでは、観光地として人気のある主な植物園を挙げてみましょう。


秋田国際ダリア園(秋田県秋田市)

ぐんまフラワーパーク(群馬県前橋市)

川口市立グリーンセンター(埼玉県川口市)

南房パラダイス(千葉県館山市)

館山ファミリーパーク(千葉県館山市)

小石川植物園(東京都文京区)

箱根ベゴニア園(神奈川県箱根町)

山梨県立フラワーセンター・ハイジの村(山梨県北杜市)

山梨県 笛吹川フルーツ公園(山梨県山梨市)

フローラルガーデンおぶせ(長野県小布施町)

オイシックス お試しセット
タグ:植物園
posted by 東京観光主婦ブログ at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

国定公園

観光地――国定公園


観光地として人気のあるスポットには、国定公園として指定されているところもたくさあります。


国定公園とは、国立公園に準じる景勝地として「自然公園法」に基づいて環境大臣が指定した公園をいい、全国に60か所あります。国立公園が国の直接管理なのに対し、国定公園は都道府県が管理しています。いずれも観光地として十分満足できる場所と言えるでしょう。観光地選びに迷ったら、自分の住んでいる都道府県の国定公園を観光地として選んでみても良いですね。


観光地としても名高い国定公園は、以下のようなところです。


暑寒別天売焼尻国定公園(北海道/天売・焼尻両島、暑寒別岳)

網走国定公園(北海道網走市)

ニセコ積丹小樽海岸国定公園(北海道網走市ニセコ火山群、積丹半島)

日高山脈襟裳国定公園(北海道日高山脈、襟裳岬)

大沼国定公園(北海道駒ヶ岳、山麓の大沼)

下北半島国定公園(青森)

津軽国定公園(青森)

早池峰国定公園(岩手)

栗駒国定公園(岩手、宮城、秋田、山形)

南三陸金華山国定公園(宮城)

蔵王国定公園(宮城、山形)

男鹿国定公園(秋田)

鳥海国定公園(秋田)

水郷筑波国定公園(茨城、千葉)

妙義荒船佐久高原国定公園(群馬、長野)

南房総国定公園(千葉)

明治の森高尾国定公園(東京)

丹沢大山国定公園(神奈川)

八ヶ岳中信高原国定公園(長野、山梨)

天竜奥三河国定公園(長野、静岡、愛知)

posted by 東京観光主婦ブログ at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

美術館・ギャラリー2

観光地としての美術館・ギャラリー2:ギャラリー


観光地巡りの際に美術館やギャラリーに立ち寄るのは楽しいもの。また逆に、美術館やギャラリーそのものが観光地となっているケースも珍しくありません。美術館やギャラリーは、その展示品だけでなく、建物自体が観光地として申し分ないデザインとなっていることが多いものです。


「観光地としての美術館・ギャラリー1:美術館」では、全国の人気のある美術館をご紹介しましたので、今回はギャラリーをご紹介しましょう。


(アート)ギャラリーとは画廊のこと。企画展の実施などを通し、美術品・アート作品を取り扱うアート・ディーラーであるギャラリストが、作品の販売を行う場所です。


ギャラリーはギャラリストにとって、販売を通じ、自分の扱うアーティストの価値や情報を市場に対して発信するための重要なメディアであり、表現の場として大切な役割を持っています。そのため、ギャラリストの美意識、嗜好、性格など、個人的なキャラクターが前面に出てくる場でもあります。


絵が好きな人にとってギャラリー回りは楽しいものですが、そうでない人も、ギャラリーに足を運び、芸術の空間に浸るのも、たまにはいいのではないでしょうか。


人気のある主なギャラリーを挙げると、以下のようになります(人気順、Yahooカテゴリから)。


・パルコギャラリー〜北海道札幌市、東京都渋谷/パルコミュージアム(渋谷パルコパート3 / 7F)、ロゴスギャラリー(渋谷パルコ パート1 / B1)、愛知県名古屋市。

・アールビバン〜直営ギャラリーは、アートスクエア新宿、アートスクエアみなとみらい、ラ・パレット名古屋。

・日動画廊〜最も歴史がある日本国内の美術商。本店(東京都銀座)、名古屋市、福岡市、軽井沢に画廊がある。笠間日動画廊館(茨城県)。

・アート静美洞〜創業40年、静岡県焼津市。洋画から掛け軸まで3,000点余り。

・イーギャラリー〜オンラインで作品を販売。全国の美術展情報。新構造展の紹介。

・凡工房〜兵庫県相生市。掛け軸、屏風、襖絵などの寺院装飾画、版画、墨絵、油絵など。

・作家さんドットコム〜大阪市。絵画、イラスト、陶芸、ファッションなどの作品を展示販売。アール・キーが運営。

・ギャルリー江夏〜東京都赤坂。丁紹光の作品販売。絵画検索、額装シミュレート、版画やポスターなどのオンライン販売。

・タケフロ〜東京都恵比寿。国内若手作家を中心とした展覧会の案内。草間彌生などの版画、絵画、オブジェなどの販売。
posted by 東京観光主婦ブログ at 04:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

美術館・ギャラリー

観光地としての美術館・ギャラリー1:美術館


美術館・ギャラリーは全国にたくさんあり、観光地としても人気があります。また、美術館・ギャラリーは、観光地としてだけでなく、文化の発展や美術の浸透、地域の活性化にも貢献しています。また、美術館やギャラリーには、個性的なものも多くあります。


美術館・ギャラリーは、その独特な雰囲気が非日常的空間を醸しだし、時間の経つのを忘れさせてくれますね。観光地を訪れたついでに、時には美術館・ギャラリーを訪れてみるのもいいのではないでしょうか。


全国の人気美術館のベスト20を挙げると以下のようになります。(人気順、Yahooカテゴリから)


・国立西洋美術館/東京都台東区〜故松方幸次郎のコレクションを中心に、中世末期から20世紀初頭までの西洋美術作品を収蔵。観光地としても名高い。

・東京都庭園美術館/東京都港区〜前身はアール・デコ様式と和の装飾美を昇華させた旧朝香宮邸。

・札幌芸術の森/北海道札幌市〜総面積40haの広大な敷地に、陶芸体験のできる工房や野外美術館、有島武郎旧邸がある。

・MIHO MUSEUM/滋賀県甲賀市〜エジプトやペルシア、ギリシア・ローマ、中国など古代オリエントの一級美術品を展示。

・横浜美術館/神奈川県横浜市〜下村観山、ピカソ、セザンヌや横浜ゆかりの作家の作品など、約9700点を収蔵。

・森美術館/東京都港区〜写真、建築、デザインなど幅広く紹介。閉館は22時(火曜は17時)。

・根津美術館/東京都港区〜茶の湯道具、仏教美術などの東洋古美術専門。国宝、重要文化財など所蔵。

・名古屋ボストン美術館/愛知県名古屋市〜米国ボストン美術館の姉妹館で、ボストン美術館が所蔵する美術品を紹介。

・ポーラ美術館/神奈川県箱根町〜印象派を中心とした西洋絵画、日本画、化粧道具など約9,500点を収蔵。

・ブリヂストン美術館/東京都中央区〜ルノワール、モネなどの印象派を中心に、ピカソら20世紀のモダンアートなどを展示。

posted by 東京観光主婦ブログ at 14:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

テーマパーク・遊園地

観光地――テーマパーク・遊園地について


テーマパークとは、歴史や物語、文化などを題材に、アトラクションや演出が楽しめる大型観光施設・観光地のこと。観光地において、テーマパークという言葉が一般的に用いられるようになったのは、東京ディズニーランドが開業(1983年)してからと言われています。


テーマパークは、東京ディスニーランドの成功を受けて、長崎オランダ村やハウステンボスなど、目玉となる観光地として、日本全国各地に数多く開設されました。しかし、バブル経済の崩壊以降、他の観光地同様に来客数が減少し、2002年には、長崎オランダ村(長崎)、メディアパークつくば(茨城)、ネイブルランド(福岡)、2003年には、ハウステンボス(長崎)とスペースネオトピア(新潟)と倒産が続き、シーガイア(宮崎)の目玉商品だったオーシャンドームも、2007年9月末をもって閉鎖が決定されました。


一方、歴史ある遊園地も廃業に追い込まれました。関東の遊園地では、横浜ドリームランドや向ヶ丘遊園、関西の遊園地では、宝塚ファミリーランドや神戸ポートピアランドがなくなり、四国最大施設とのふれこみだった遊園地であるレオマワールドも消え、特色ある施設と言われていた、大型屋内温水プール施設のワイルドブルーヨコハマやフラミンゴショーの行川アイランドも、経営が成り立たなくなりました。


しかし最近では、新横浜ラーメン博物館(神奈川)やラーメンスタジアム(福岡)のような食べ物を題材とした「フードテーマパーク」が流行しているほか、大江戸温泉物語(東京)やラクーア(東京)のような温泉をテーマとした「温泉付きテーマパーク」が支持されているようです。これからのテーマパークには、コンテンツの魅力と充実、そして個性が求められていると言えるでしょう。

posted by 東京観光主婦ブログ at 14:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。