2008年05月02日

美術館・ギャラリー

観光地としての美術館・ギャラリー1:美術館


美術館・ギャラリーは全国にたくさんあり、観光地としても人気があります。また、美術館・ギャラリーは、観光地としてだけでなく、文化の発展や美術の浸透、地域の活性化にも貢献しています。また、美術館やギャラリーには、個性的なものも多くあります。


美術館・ギャラリーは、その独特な雰囲気が非日常的空間を醸しだし、時間の経つのを忘れさせてくれますね。観光地を訪れたついでに、時には美術館・ギャラリーを訪れてみるのもいいのではないでしょうか。


全国の人気美術館のベスト20を挙げると以下のようになります。(人気順、Yahooカテゴリから)


・国立西洋美術館/東京都台東区〜故松方幸次郎のコレクションを中心に、中世末期から20世紀初頭までの西洋美術作品を収蔵。観光地としても名高い。

・東京都庭園美術館/東京都港区〜前身はアール・デコ様式と和の装飾美を昇華させた旧朝香宮邸。

・札幌芸術の森/北海道札幌市〜総面積40haの広大な敷地に、陶芸体験のできる工房や野外美術館、有島武郎旧邸がある。

・MIHO MUSEUM/滋賀県甲賀市〜エジプトやペルシア、ギリシア・ローマ、中国など古代オリエントの一級美術品を展示。

・横浜美術館/神奈川県横浜市〜下村観山、ピカソ、セザンヌや横浜ゆかりの作家の作品など、約9700点を収蔵。

・森美術館/東京都港区〜写真、建築、デザインなど幅広く紹介。閉館は22時(火曜は17時)。

・根津美術館/東京都港区〜茶の湯道具、仏教美術などの東洋古美術専門。国宝、重要文化財など所蔵。

・名古屋ボストン美術館/愛知県名古屋市〜米国ボストン美術館の姉妹館で、ボストン美術館が所蔵する美術品を紹介。

・ポーラ美術館/神奈川県箱根町〜印象派を中心とした西洋絵画、日本画、化粧道具など約9,500点を収蔵。

・ブリヂストン美術館/東京都中央区〜ルノワール、モネなどの印象派を中心に、ピカソら20世紀のモダンアートなどを展示。

posted by 東京観光主婦ブログ at 14:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。