2008年05月06日

植物園

観光地としての植物園


観光地や人気スポットになっている庭園や植物園は、日本にはたくさんあります。自然や植物に触れて心がやすらぐのは人の常。それでは、植物園について見てみましょう。


植物園とは、植物を収集・栽培し、教育などのために一般に公開する施設。


現在日本には、全国各地に300以上の植物園があります。それぞれの植物園は、広さ、見どころ、コレクションとする植物の種類、活動内容に至るまで、実にさまざま。四季折々特徴ある植物などが見られる植物園の中には、観光地や憩いの場として人気のあるところもあります。


それでは、観光地として人気のある主な植物園を挙げてみましょう。


秋田国際ダリア園(秋田県秋田市)

ぐんまフラワーパーク(群馬県前橋市)

川口市立グリーンセンター(埼玉県川口市)

南房パラダイス(千葉県館山市)

館山ファミリーパーク(千葉県館山市)

小石川植物園(東京都文京区)

箱根ベゴニア園(神奈川県箱根町)

山梨県立フラワーセンター・ハイジの村(山梨県北杜市)

山梨県 笛吹川フルーツ公園(山梨県山梨市)

フローラルガーデンおぶせ(長野県小布施町)

オイシックス お試しセット
ラベル:植物園
posted by 東京観光主婦ブログ at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。